骨粗しょう症

骨が乾いたスポンジのようにもろくなる病気

 骨粗しょう症は、骨密度が低下し、骨が乾いたスポンジのようにスカスカになる病気です。骨の強度が弱くなるので、少しの衝撃でも骨折しやすくなります。

  骨は、カルシウム、リン、マグネシウム、たんぱく質が原料となって構成されています。骨粗しょう症の主な原因はカルシウム不足です。

  体内のカルシウムの99%は骨中に貯蔵されていますが、血液中のカルシウム濃度が低下すると、骨中のカルシウムが血液中に溶け出してしまいます。よって、カルシウムの摂取量が不足した状態が続くと、骨中に貯蔵されているカルシウム量が減り、骨がスカスカなるのです。

年とともに骨はどんどん弱くなる

 骨量は20歳をピークに、中高年期からしだいに減少していきます。 高齢化に伴い、骨粗しょう症の患者は増加傾向にあります。特に女性は女性ホルモン減少に伴ってカルシウムの吸収が悪くなるので、骨粗しょう症になりやすくなります。家の中でつまずいただけで、骨折してしまうこともあります。

 さらに、足などを骨折して治療中に体を動かさないでいると、その間に筋肉が衰え、寝たきりになるというケースが増加しています。丈夫な骨を作ると同時に、筋力をつけて日常生活の中でケガを防ぐことも大切です。

なぜ女性に骨粗しょう症が多いのか?

 骨粗しょう症は高齢者の病気だと思われがちですが、その前段階である「骨密度減少」は、女性では早ければ40代から、閉経より前から起こり始めます。

  骨は女性ホルモンである工ストロゲンの影響を受けます。閉経する50歳前後からエストロゲンは急激に減少しますが、骨密度はこの時期の10年間で20%も減ることがあります。無理なダイエットをすると、体脂肪が減少することで卵巣の機能が低下し、エストロゲンが減少しやすくなります。高齢期まで骨を丈夫に保つには、カルシウムやビタミンDの十分な摂取とともに運動によって最大骨塩量(骨量がピーク時の骨量)をできるだけ高くすることが大切です。

食生活のポイント

日本人はカルシウムが不足がち

  1. 骨を丈夫にする栄養素をとる
    カルシウム、マグネシウム、たんぱく質をたっぷりとることで、丈夫な骨が作られます。
  2. カルシウムの吸収を高める
    ビタミンDが不足すると、カルシウムは吸収されないので、血中のカルシウム濃度が低下し、骨中のカルシウムが溶け出します。

骨密度の測定方法

  • MD法 
    測定部位 人差し指の付け根の骨(第二中手骨) *一般的な健康診断に取り入れられている
  • 二重エネルギーX線吸収法(DXA法)
    測定部位 全身、腰椎など *精度の高い診断方法
  • QUS法(超音波法)
    測定部位 かかとの骨
    *X線でなく超音波を利用するので、妊婦も大丈夫

特にとりたい食品・成分

  • 牛乳 カルシウムの吸収率はナンバーワンです。チーズにも豊富に含まれます。
  • 小魚 カルシウムは、骨ごと食べられる小魚や桜エビなどに多く含まれます。
  • きのこ類 ビタミンDが豊富です。ビタミンDはカルシウムの吸収を促進します。

生活習慣を見直す

  • 適度な運動を 骨に負荷をかけるためにも適度な運動が大切です。
  • 禁煙する タバコのニコチンはカルシウムの吸収を妨げます。禁煙をおすすめします。

こんな人は要注意!

  • (女性なら)閉経している
  • 牛乳、小魚、海藻などをあまり食べない
  • 喫煙している
  • 家族に骨粗しょう症の人がいる
  • 副腎皮質ホルモンのステロイドを使用している

牛乳
牛乳には、カルシウムの吸収を促進するCPP(カゼインホスホペプチド)、MBP(ミルクベーシックプロテイン)、乳糖が含まれていて、カルシウムの吸収率を高める作用があります。

参考資料「栄養の教科書」