脂質異常症

血液中の脂質が増減して異状な値を示す状態

 血液中の脂質には、LDLコレステロール、HDLコレステロール、トリアシルグリセロール(中性脂肪)などがあります。これらが多すぎたり少なすぎたりして異常な値になっている状態が脂質異常症です。

コレステロールは少なければ良いわけではない

 一般に、コレステロールは低いほどよいと思われがちですが、そうとは限りません。コレステロールは体を維持するために欠かせない成分なので、一定量は必要です。また、余分なコレステロールを回収して肝臓へ戻したり、血管壁についたコレステロールを除去したりする働きがあるHDLコレステロールは、減少すると動脈硬化のリスクが高まります。

脂質異常症の症状と原因

動脈硬化を進ませる沈黙の病気

 まったくといってよいほど自覚症状がなく、脂質異常症かどうかは血液検査で調べるほかありません。もし検査によって異常が見つかっても、自覚症状がないために、治療をせずにそのまま放置する人もいます。しかし、その間に動脈硬化が進行し、ある日突然、心臓病や脳卒中などを発症するため、「沈黙の病気(サイレント・ディジーズ」ともよばれています。

 遺伝性の場合は、皮膚や手足の関節、アキレス腱などに、黄色腫とよばれるこぶ状の脂肪のかたまりができることもあります。

原因

脂質は、からだを動かすエネルギー源や、からだの組織をつくる構成材料になるなど、大切な役割があります。血液中には数種類の脂質が含まれますが、通常はからだに必要な分だけの一定量にコントロールされています。この血液中の脂質量に異常が生じると、脂質異常症を招きます。

 脂質には、増えすぎると動脈硬化を促進させるLDLコレステロールや中性脂肪、余分なコレステロールを回収するHDLコレステロールなどの種類があります。血中のLDLコレステロール量が多い場合は高LDLコレステロール血症、中性脂肪が多い場合は高トリグリセリド血症、HDLコレステロールが少ない場合は低HDLコレステロール血症に分かれ、これらをまとめて脂質異常症といいます。

 脂質量に異常が生じる最大の原因は、食べすぎによるエネルギーの過剰摂取です。肉の脂身、バター、ラードなどの動物性脂肪の摂りすぎも、コレステロールや中性脂肪を増やします。これらの食習慣は、同時に肥満の原因でもあるため、肥満も脂質異常症の原因のひとつに数えられます。

 糖尿病や高血圧、甲状腺機能低下症、開塞性黄疸、腎臓病など、別の病気が原因で脂質異常症を併発することもあります。

 このほか、親や兄弟など血縁者に多くみられる特定疾患(難病)の家族性高コレステロール血症など、遺伝的要素が強いケースもあります。遺伝性の場合は、若年者でも動脈硬化を起こしやすいため、注意が必要です。

食事と運動を中心に生活習慣を改善する

 脂質異常症は、自覚症状がないため病気と診断されても放置してしまいがちです。しかし、放っておくと動脈硬化を引き起こし、命にかかわる病気につながることもあります。取り返しのつかない状態になる前に生活習慣を見直し、病気を防ぎましょう。

 主な改善方法は、食事と運動です。適正体重が維持できるように摂取カロリーや消費カロリーを調整します。ただし、摂取カロリーを意識しすぎて栄養バランスを崩さないように注意しましょう。ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富な野菜や果物、海藻、きのこなどをしつかりと食べるのがポイントです。

脂質異常症の診断基準

以下の診断基準によって脂質異常症と診断された場合は、自覚症状がなくても早めの対策が重要です。食事を見直し、運動を生活に取り入れましょう。

高LDLコレステロール血症、低LDLコレステロール血症、高トリグリセライド血症、(高中性脂肪血症)

(日本動脈硬化学会)

食生活のポイント

中性脂肪とコレステロールを増加させないように
  1. 腹八分目の食事を心がける 中性脂肪の増加は、食べすぎによるエネルギーの蓄積です。アルコールもなるべく控えめに。
  2. コレステロールの多い食品は避ける 鶏卵や魚卵、 レバーにはコレステロ―ルが多く含まれているので、とりすぎないように。
  3. 植物繊維が豊富な食品をたべる 海藻類やこんにゃくなどに含まれている水溶性食物繊維は、コレステロ―ルの排出を促す作用があります。
  4. 甘い物の食べ過ぎに注意する 甘い物を食べすぎると、中性脂肪の合成を促すので、控えましょう。洋菓子やスナック菓子は要注意です。

特にとりたい食品・成分

  • わかめ 血中コレステロ―ルを下げる働きを持つ水溶性の食物繊維が含まれています。
  • 豆腐 コレステロ―ルを含まないたんぼく質源。肉の代わりに使うと力口リーもカットできます。
  • 青背の魚 多価不飽和脂肪酸が血中の中性脂肪を下げる働きをします。

生活習慣を見直す

肥満を防ぐために運動も

余分なエネルギーを消費するためにも、積極的に運動をしましょう。家事などの日常生活の中でも意識して体を動かすと運動量を増やせます。

こんな人は要注意

  • 脂っこいものが好き
  • 食べすぎることがよくある
  • 運動が嫌い

コレステロール/血中コレステロール濃度は食事の影響を受けやすく、飽和脂肪酸の摂取により増加し、多価不飽和脂肪酸は減少させます。牛脂、豚脂などの動物脂は飽和脂肪酸を多く含みます。

参考資料「栄養の教科書」